ダメ人間のつぶやき

日本大好きなダメ人間 MMORPGアスガルドやりながら愛国運動中!!

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

にくきゅう

ちぇきらっ

ぷろふぃる

きじ

こめんと

カテゴリー

りんく

かれんだぁ

とウヒョ~><

FC2カウンター

FC2カウンター

Flashリバーシ

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

ブログ更新お知らせ

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

放置状態ですみませぬ、、、 


まいど。



仕事忙しかったりなんだりでなかなか時間が作れません、、、


しかし、支那人船長の釈放はあふぉかと思いましたね、、、
怒りしか湧いてきません、、、


うまくまとめてくれている記事がありましたので、ご紹介いたします。
9月24日は国恥記念日 船長釈放でますます嵩にかかる中国
http://koko-hen.jp/archives/1028565.html

(抜粋引用)
釈放された船長が中国に帰国しましたが、それで一件落着なんてことにはもちろんならないわけで。

 皆さんすでにご存知のように、船長の帰国後、すぐに中国政府は声明を発表し、「日本側は船長らを違法に拘束し、中国の領土と主権を侵犯した」として、日本側に謝罪と賠償を求めてきました。

 盗人猛々しいとはこのことですが、中国という国を少しでも知る人であれば、こうなることは想定済だったのではないでしょうか。ただ、思ったより早かったので私はちょっと驚きましたが。

ちなみに、船長を釈放すると那覇地検が発表した当日ですら、中国の船2隻(中国農業省所属の漁業監視船)が尖閣諸島の領海付近を、夕方から深夜にかけ航行していたそうです(毎日9/25)。

 中国側にしてみれば、「大騒ぎして、世界の目を引きつけて、日中間に領土問題が存在すると思わせる(錯覚させる)」作戦の第一段階は大成功したわけで、しかも「何だ、この程度の圧力で日本は折れるのか」と分かったわけですから、そりゃエスカレートして当然です。

 中国政府の謝罪・賠償要求について、日本の外務省は「何ら根拠がなく、全く受け入れられない」とする佐藤悟外務報道官の談話を発表しましたが、今さら「毅然な対応キリッ!」なんて言っても遅いって。あとはもう舐められる一方ですよ。

 中国の漁師もイケイケですよ。
 船長の地元・福建省晋江市の漁村では、漁業関係者から尖閣諸島付近への出漁に強気な発言が相次いでいます。
 「日本の取り締まりが厳しくなったため最近は行かなかったが、中国政府が力になってくれることがはっきりした。日本は怖くない」(時事9/25)ですと。


 こうなることを予想されていた一人、川合俊一さん(日本ビーチバレー連盟会長で元バレーボール選手)の発言を紹介します。
 9/25放送読売テレビ「あさパラ!」での発言です。

 「一番屈しちゃいけない国に屈しちゃった感じするね、今回。
世界中とね、例えばさ、バレーの試合でもさ、たぶん他のスポーツでも世界と戦った人はみんな分かってると思うけど、アメリカとか韓国とかさ、いろんなとこに、試合してても、負けたらさ、そのあと、でも対等だったりするわけ。ま、負けても勝っても友だちよ。
(スポーツマンシップ?と聞かれ)そうそう。
中国って、もし、(日本が)試合負けるでしょ、そのあとみんなパーティとか行くと、もう昨日まで普通だった中国の選手が、もう『飲めよ飲めよ』と、もう上から来るわけ。もう嵩(かさ)にかかってくるの。あ、こいつらには絶対負けちゃいけない、負けたらこんな目に遭うんだ。
試合でも、えっ?そんなインチキまで勝ちたいの?っていうぐらいのインチキしたりするんですよ。すごいこと。あのね、勝ってくると、たとえば1点取られてもいいから、こいつらに屈辱与えようみたいなね、そういうようなね、反則してまで点を取ってきたりするわけ。
そこまでやっちゃいけないだろ。だから俺たちは、もうだいたい、中国には負けるの絶対だめだと。もうおっしゃるように、もう一回負けたらずっと負けますよって言われるから。負けちゃいけないって…」


 「(中国政府が賠償と謝罪要求をしてきたことについて)返したから、良かった良かったとはならないもんね。こうやって、おまえらが悪いんだって、また嵩にかかって、また来るでしょ。今後、大変なことになるよ」

 「(文化交流まで駄目にするのは、中国がいかに駄目な国なのかを表しているという話の流れで)それ世界発信しないと。中国人ていうのは何が一番嫌かというと、自分が何されると嫌かというと、自分の仲間が笑われるのが一番嫌なの。そうすると普通、日本人だったら庇うけれども、中国人は優勢な時は庇うけど、ちょっと劣勢になると、みんな引くから。だから今回もしかしたら、たとえばいろんな、こういう事例を出して世界に発信して、温家宝がとんでもないことを言ってるってね、怒るんじゃなくて、笑うの。『アッハッハ、温家宝が』って、一斉に笑うの。そうすると、中国人は一気に、『あ、温家宝って笑われてる』って思ったら、一気に引くから。そういう、別に、いい悪い別として、そういう国民だから」



 麻生太郎元首相は……
 「いつから地方の、地検の次席検事ぐらいが、国際のことを考えて法律曲げるんだね。おかしいと思わんかね」(FNN9/25)

 石原慎太郎東京都知事は……
 「観光とか経済交流の利益ってのも大事かもしれんけど、国家にとっての価値はもっと他にある」
 「スプラトリー(中国が周辺国と領有権を争う南沙諸島)と同じことになるよ。中国がどうやって勝手に基地を造ったかといったら、まず秘密部隊が夜中に行って海に潜ってモノ投げる。中国の古銭、土器の破片。次に調査団が行って潜ってみたら『証拠あるよ』と。フィリピンもベトナムも泣き寝入り。尖閣はそうはいかない。彼らがあそこを領土というゆえんは歴史的には全くないんですよ。そういうときに、この政府がこのざまか。日本はこのまま沈むよ」

 「要するにこういう措置をとった論拠はわが国の利益でしょ。利益ってのは金目の問題だよ。それ以上に大事なものあるんじゃないかね、国家にも民族にとっても。そういうものを考え直す時期にきたと私は思います」(毎日9/25)

 逆に、一番ひどいと思ったのは鳩山由紀夫前首相。
 「私だったら事件直後に、この問題をどうすべきか中国の温家宝首相と腹を割って話し合えた」(産経9/25)

 どこまでお花畑なのか。てか、過去の人がいつまでもしゃしゃり出てきなさんなよ。
 でも、この人まだまだ野心があるようですから厄介なんですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 地元の怒りや失望は計り知れません。

 石垣市の中山義隆市長は25日、「尖閣諸島周辺の海域は日本の漁業者も操業する漁場なので、地元の漁業者の権益をしっかり守る措置をとるよう日本政府に求めるため、市として声明文を発表するか意見書を出すことを検討したい」と述べました(NHK9/25)。

 船長を載せた小型ジェットが飛び立った石垣空港では、金網越しに見守った地元の住民から罵声が飛びました。

 石垣島の漁師の男性は「政府がこんな弱腰外交では中国になめられてしまう。安心して操業できるようにしてほしい」。元漁師の男性も「尖閣諸島周辺はカツオの好漁場だが、漁師は怖くて行かない」。
 与那国島の漁業組合の組合長は「怒りを通り越して気絶しそうだ」と憤慨。「ちゃんと領有権を主張してほしかったのに、日本は尖閣諸島をあきらめたのと同じ。中国側に拿捕されるかもしれないと思うと、近くに漁に行けない」(スポニチ9/25)

 菅政権は地元・沖縄の声をきちんとくみ取ってほしいです。
 菅さん、あなたが目指す「最小不幸社会」は、本土の日本人にしか当てはまらないの?そんなことないですよね。
(引用終了)


あぁ、、、手抜きですみません、、、、
スポンサーサイト

テーマ: 政治・経済・時事問題

ジャンル: 政治・経済

政治・社会  :  trackback 0   :  comment 2  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。